ここから本文です

アニメ『ヘボット!』のメインアイテム、成長するコミュニケーションロボット“DXヘボット!”が発売決定

ファミ通.com 6月10日(金)19時41分配信

●ネジを挿し込むと新しい言葉を覚えるロボット
 バンダイは、バンダイナムコピクチャーズ、バンダイナムコエンターテインメントとの共同プロジェクトにより2016年秋より放送開始予定の小学生向けテレビアニメ『ヘボット!』の主人公、“ヘボット”を模したコミュニケーションロボット“DXヘボット!”を、2016年9月中旬より発売する。価格は4860円[税込]。

 以下、リリースより。

----------

 本商品は、アニメの演出同様にさまざまな「ボキャネジ」(一部別売り/次頁以降で詳細)と呼ばれる、『DXヘボット!』に新たな言葉を覚えさせることができるネジを『DXヘボット!』の頭頂部に挿し込むことで、『DXヘボット!』が新しい言葉を覚え、発する言葉の組み合わせによる「ギャグ遊び(ボキャバトル)」を楽しめるなど、遊べば遊ぶほどに成長するコミュニケーションロボットです。
 バンダイは今後「ボキャネジ」をキーアイテムに、幅広い事業領域を生かした商品展開でタッチポイントを拡大し、テレビアニメ「ヘボット!」と『DXヘボット!』のギャグと遊びの魅力を最大化していく予定です。

 なお、テレビアニメの放送開始に先駆け、2016年8月15日(月)より、小学館発行の「月刊コロコロコミック」でマンガの連載を開始し、テレビアニメ放送と同時期に、ニンテンドー3DSの基本無料ゲーム(アイテム課金あり)を配信予定です。

◆商品特徴◆
『DXヘボット!』では、主に4つのモードを楽しむことができます。

(1)ヘボットークモード
ヘボットとの会話を楽しめるモード。
おでこのボタンを押したり、「ボキャネジ」を挿すことでレベルアップし会話が増えます。

(2)ボキャバトル※モード
アニメで毎話放送される“ボキャバトル”を楽しめるモード。
3本(2本は別売り)の「ボキャネジ」を組み合わせてオリジナルギャグを作って遊べます。

(3)ミッションモード
出題されるさまざまなミッションクリアを楽しめるモード。
99題出題されるミッションに、本体のボタンやネジを使って挑戦できます。

(4)ゲーム通信モード
ニンテンドー3DSの基本無料ゲーム(アイテム課金あり)と連動します。
『DXヘボット!』本体や「ボキャネジ」をゲームと連動させることでゲームを有利に進めたり、ヘボットとの会話をより楽しむことが出来ます。

上記モードに加え、別売りのロボット【ボキャボット】との合体遊びなどを楽しめます。

※ボキャバトルとは・・・アニメ内で、ヘボットをはじめとしたロボット【ボキャボット】同士がボキャネジを頭にさしてギャグを生み出し対決するギャグバトル

◆商品概要◆
■商品名:DXヘボット!
■希望小売価格:4,860円・税8%込/4,500円・税抜
■発売日:2016年9月中旬予定
■対象年齢:6歳~
■販売ルート:全国の玩具店、百貨店、家電・量販店の玩具売場、インターネット通販など
■セット内容:本体×1、ボキャネジ×1

最終更新:6月10日(金)19時41分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。