ここから本文です

韓国・大邱に日本脳炎注意報発令…昨年より20日早く

WoW!Korea 6月10日(金)17時43分配信

韓国・大邱(テグ)市は10日「去る9日、東区(ドング)琴江洞(クムガンドン)で採集した蚊の中に日本脳炎媒介蚊がことし初めて発見された」と日本脳炎注意報を発令した。

 大邱で日本脳炎蚊は2013年7月8日、2014年8月18日、2015年6月29日に初めて出現しており、昨年は8月6日に全国警報が発令された。

 日本脳炎に感染すると初期段階には高熱、頭痛、嘔吐などの症状が見られるが、急性期には意識障害、痙攣、こん睡、死亡に至る可能性があり、言語障害や判断能力低下、四肢運動の低下など後遺症が出る可能性もある。

最終更新:6月10日(金)17時43分

WoW!Korea