ここから本文です

【短期連載】佐々木亮介 (a flood of circle) のTHE BLUE TOUR DIARY_第21回『グレイト・エスケープ@新木場STUDIO COAST』

BARKS 6月10日(金)18時17分配信

6月4日、12時半に新宿西口で集まって、なべちゃんの車に乗せてもらって新木場を目指す。

◆a flood of circle (2016.6.4@新木場STUDIO COAST) 画像

姐さんは髪の毛のブルーを綺麗に染め直し、キョウスケも俺も髪を切った。珍しく音楽もかけずに首都高をかっ飛ばすなべちゃんも、パッと見わからなかったけど、たぶん、髪を切っていた。パッと見わからなかったけど。皆気合いは充分だ。

小一時間で新木場に到着。楽屋に着くと、入り口手前で早速パンさんと沖さんがカメラを回してる。パンさんは一緒に仕事するのはこれが初めてだったけど、KING BROTHERSに関わっていたり『東北ライブハウス大作戦』の映画も手掛けていたりして信頼度抜群の監督。沖さんというのは「青く塗れ」のビデオや日比谷野音ワンマンの映像の監督兼呑み仲間。映像カメラマンには「FUCK FOREVER」のジャケットに作品を使わせてくれた新保さんもいる。もうバック・ステージから制作が始まっている。

楽屋裏ではレコーディング・エンジニアのオサムさんが録音の準備をしている。オサムさんとは本当に長い付き合いで、俺達の最初のインディ盤の録音から「青く塗れ」まで、ほとんどの曲はオサムさんの録音とミックスによるものだ。アシスタントの遠藤さんとカッシーくんという二人もこれまた録音スタジオで一緒に作業してきた人達。カメラマンのヴィオラちゃんは4年くらい前に札幌の弾き語りを撮影してもらって以来の知り合い。皆、素晴らしい作家でありプロフェッショナルである。映像作品のリリースに色濃く関わる人達の気合いも充分だ。

エロい風呂とエロいベッドが備え付けられた謎の楽屋でギターを弾いていたら、ふらーっとうつみようこ先生が登場。いつかの<RISING SUN ROCK FESTIVAL>でトシロウさんにレッスンしているというのを知って、最近では俺も幡ヶ谷に通って声の稽古を付けてもらっていた。正直言うと、ティーンエイジャーの頃にソウル・フラワー・ユニオンの「露の滴」を初めて聴いた時の衝撃を思い出してしまい、ようこさんと一緒に声出しをしていると不思議な感じもする。呑み過ぎた時の対処法なんかも伝授してくれる先生です。楽屋で声を出しまくる。

ライブには、更に沢山の人が関わっている。いろんな人の仕事や気合いが、渾然一体となっているのだ。昔から知ってる人も最近付き合いが始まった人もいて、うん、10年を感じる面子が新木場STUDIO COASTに集結している。でもまあ、板に立つバンドは4人。いつだって観る人が痺れるライブを演りたいよ。

新木場STUDIO COASTでは何度か演ってきたし、弾き語りでも演奏したことあったけれど、ワンマンは特別良いもんだね。実家が近いのもあって江東区はなんとなく落ち着くしさ。ライブの中身については細かいこと言わない。映像観て欲しいし。ただ言えるのは、あの日あの場所に本当に素晴らしいオーディエンスが揃っていたということ。俺達のライブは展覧会じゃない、もちろん事前に一番良い曲を一番良いセットリストにして準備してるんだけど、だけど違う人間が違う空気を持ち寄り合ってその日だけの何かを生み出せるのが一番面白いところだ。

<THE BLUE TOUR>に参加してくれた人、君、あなた、その日だけの素晴らしい空間を作ってくれる人達を、バンドマンとして本当に誇りに思う。当たり前なんだけどね。2年振りのワンマンツアーだからこそ、その当たり前を強く感じたね。だからもっと作りてえな。新しい良い曲を、面白い曲を、格好良い曲を。

あ、いや、その前に、酒飲もう。

打ち上げは、まあ凄惨だった。古巣の新宿LOFTのバー・スペースを貸してもらって。綺麗なオムライスを食べたよ。

LOFTのバーにはステージがある。加藤マニくん監督で「The Beautiful Monkeys」の泥酔ミュージック・ビデオ撮影をやったなーとか思い出してるうちに、セッションが始まる。ライブが終わった後にまで演奏が始まってしまうことは我々にはよくある。キョウスケが「セロリ」を弾き語りし、なべちゃんが「ペピン」を歌い、俺は史上稀に見るグダグダなセッションに参加させられ、よし、そろそろ大トリ、姐さんの「セーラー服をぬがさないで」の出番かな、と思ったらまさかの姐さん不在。あれ? 姐さんはいませんか。聞くところによれば、この恐ろしいグダグダセッションという監獄を、人目に付かぬようにいつの間にか脱走したらしい。やれるだけ頑張ってみてよ……とキョウスケの歌が響いている……姐さんはビールを片手にこっそり歌舞伎町の寿司屋だかラーメン屋だかに逃げ込んだという情報が……そしてそのまま夜の街へと消えてしまい、それ以来彼女の姿を見た者はいない……どうか元気で……ま、酒の続きは沖縄で。

新木場STUDIO COASTのライブDVDとBlu-rayは9月7日にリリースする。2月にロンドンで録音した新曲の「BLUE」のCDが付いてるパッケージがあるから、俺としてはもう絶対にそっちを手に入れて欲しいよ。会場のドエライところにカメラのレール? なんていうのあれ? カメラが横方向に移動出来るやつ、を敷いて撮影していたし、きっと今まで観たことがないライブ映像集になると思う。撮影も録音も素晴らしいチームが制作を担当してくれてる。楽しみだ。新曲「BLUE」は、今のバンドのモードの一番新しい部分を収めた大事な曲なんだ。メトロポリス・スタジオのザヴのミックスも本当に素晴らしい。絶対聴いてね。よろしくどうぞ。

さて、<THE BLUE TOUR>もいよいよ最後の地、沖縄を残すだけ。沖縄では<Deep Blue Night>も催す。つまり俺のバンド VS 俺、である。3月にやった<Deep Blue Night>ともまた違うセットにするつもり。乞う御期待。ちなみに<THE BLUE TOUR>と<Deep Blue Night>の間、11日の夜遅くにはThe Golden Wet Fingersで沖縄に来ているイマイアキノブさんのライブもあるみたい。今週末の沖縄はやばいことになりそうだね。

この次回の文書が最終回になんのかな。最後までよろしくどうぞ。

16/06/09 12:19 Swansの新しいアルバムを聴いてる

佐々木亮介
撮影◎Viola Kam (V'z Twinkle)

<AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”>
4月02日(土) 千葉LOOK  open 17:30 / start 18:00
4月03日(日) 水戸LIGHT HOUSE  open 17:30 / start 18:00
4月09日(土) 郡山HIPSHOT JAPAN  open 17:30 / start 18:00
4月10日(日) 盛岡the five morioka  open 17:30 / start 18:00
4月14日(木) 金沢vanvanV4  open 18:30 / start 19:00
4月15日(金) 新潟CLUB RIVERST  open 18:30 / start 19:00
4月17日(日) 長野J  open 17:30 / start 18:00
4月22日(金) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2  open 18:30 / start 19:00
5月01日(日) 岡山PEPPER LAND  open 17:30 / start 18:00
5月03日(火) 鹿児島SR HALL  open 16:30 / start 17:00
5月05日(木) 大分club SPOT  open 16:30 / start 17:00
5月07日(土) 松山Wstudio RED open 16:30 / start 17:00
5月08日(日) 高松DIME  open 16:30 / start 17:00
5月13日(金) 札幌cube garden  open 18:30 / start 19:00
5月15日(日) 仙台CLUB JUNK BOX  open 17:30 / start 18:00
5月19日(木) 高知X-pt.  open 18:30 / start 19:00
5月21日(土) 広島SECOND CRUTCH  open 17:30 / start 18:00
5月22日(日) 大阪なんばHatch  open 17:00 / start 18:00
5月27日(金) 名古屋DIAMOND HALL  open 18:00 / start 19:00
5月29日(日) 福岡CB  open 17:30 / start 18:00
6月04日(土) 新木場STUDIO COAST  open 17:00 / start 18:00
6月11日(土) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
6月12日(日) 沖縄Output  open 17:30 / start 18:00
チケット料金:¥3,500(+税)
※5/3~5/8公演はScoobie DoとのWヘッドライナー

■『THE BLUE MOVIE -青く塗れ!- 2016.06.04 Live at 新木場STUDIO COAST』
2016年9月7日(水)発売
【10thアニバーサリーパックBlu-ray盤(Blu-ray1枚+CD1枚)】EXI-64023 ¥5,980+税
【10thアニバーサリーパックDVD盤(DVD2枚組+CD1枚)】TEBI-53400 ¥4,980+税
【通常盤(DVD1枚)】TEBI-48402 ¥4,500+税
<10thアニバーサリーパック収録内容>
(1)6/4新木場Studio Coastのライブ(約120分予定)※通常盤は(1)のみ収録
※10年分のAFOCを詰め込んだまさに”ベスト”なセットリストのライブを収録
(2)3/4新宿LOFT「Deep Blue Night」からレア曲を収録(約25分予定)
※チケット争奪戦になった企画イベントのStudio Coastの楽曲とは一切被り無しの激レア曲ばかりを収録した貴重なライブ映像
(3)渡邊一丘責任編集「THE BLUE TOUR in LONDON ~We Gotta BLUE!~」(約30分予定)
※Dr渡邊一丘責任編集による2月に渡英した際のドキュメント映像を収録。現地でのレコーディング風景やライブ映像、さらに普段見る事のできないメンバーのオフショット等が満載。
(4)「BLUE」シングルCD
※2月に渡英して録音してきたア・フラッド・オブ・サークルの今後のアンセム楽曲「BLUE」のシングルCD付き

■ライブ情報
<A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2016>
10月01日(土)新代田FEVER
10月02日(日)新代田FEVER
10月15日(土)横浜FAD
10月22日(土)松江AZTiC canova
10月23日(日)京都磔磔
10月28日(金)石巻BLUE RESISTANCE
10月29日(土)宮古KLUB COUNTER ACTION
11月09日(水)静岡UMBER
11月10日(木)四日市CLUB CHAOS
11月15日(火)大阪 十三FANDANGO
11月16日(水)大阪 十三FANDANGO
11月18日(金)名古屋CLUB UPSET
11月19日(土)名古屋CLUB UPSET
※全ヶ所2マン
<A FLOOD OF CIRCUS 2016>
11月23日(水・祝)渋谷TSUTAYA O-EAST
※ゲストあり
[チケットオフィシャルサイト先行]
受付期間:6月7日(火)12:00~6月19日(日)23:00

<VINTAGE ROCK & 渋谷WWW presents
“裸の王様 wear.4”~佐々木亮介 MISOJI MAE BLUES~>
8月25日(木)渋谷WWW
※佐々木亮介ソロライブ
[チケットオフィシャルサイト先行]
受付期間:06/04(土)23:00~06/12(日)23:00

最終更新:6月10日(金)18時17分

BARKS