ここから本文です

タージ・ジャクソン、挫折から這い上がって勝利を掴み取るメッセージを込めたアルバムを発表

BARKS 6月10日(金)12時46分配信

過去作が全て配信チャート1位を記録し、日本でも絶大な人気を博す3度のグラミー賞ノミネートを誇るSSW(シンガー・ソングライター)の大御所、”TJ"ことタージ・ジャクソンが、4枚目となるニューアルバム『Tragedy and Triumph』(トラジディ アンド トライアンフ)を約3年ぶりにリリースした。

R&Bの復活はコノ男から。“全曲シングル級”の次世代R&B・ドリームプロジェクト、第四章だ。リアーナ、レオナ・ルイス、ジャネット・ジャクソン等、大物アーティスト達のヒットを数多く手掛け、中でもグラミー賞にもノミネートのライオネル・リッチー「I Call It Love」やエリオット・ヤミン「Wait For You」、そして自身名義の「Together」等、日本のR&Bファンの間でも絶大な支持を受ける楽曲を残してきたタージ・ジャクソン。

そんな彼が新たに打ち出す『Tragedy and Triumph』(悲劇そして歓喜)と題された今作は、自身が「このアルバムのストーリーは、愛と別れ、悲しみと喜び、ハイとロー。時に敗北を味わったりしても、挫折から這い上がって、勝利を掴み取る。いつでも前を向いて生きていこうっていうメッセージが詰まってるんだ」と語るように、バラエティに富んだ表情を見せる秀曲が揃う。

アルバムのトップを飾るアップリフティングなエモーショナル・チューン「Good Love」(グッド・ラブ)で“新生タージ”を印象付け、iTunesR&Bシングルチャート、発売初日でトップ3入りを果たした1stシングル「Heaven Must Love Me」(ヘブン・マスト・ラブ・ミー)、続くセカンド・シングル「Recovery」(リカヴァリー)や他の収録楽曲はどれも彼特有の美しいメロディラインと胸を締め付けるボーカルが、さらなる飛躍を遂げている。

制作陣は、全米1位も記録した話題の歌姫アレッシア・カーラや前作『New Day』も手掛けたヒットメイカー、フレドロ、R&Bの重鎮ジョー(Joe)等を手掛けるビック・ザパタらで、4枚目となる今作はキャリア史上最高傑作と言っても過言ではない自信作となっている。

-iTunes購入リンク
https://itunes.apple.com/jp/album/tragedy-and-triumph/id1111459912

『Tragedy and Triumph』
リリース日 : 6/10/2016
Label : Manhattan Recordings
Cat# : LEXCD16010
■トラックリスト
1. Good Love
2. Heaven Must Love Me [1stシングル曲]
3. Recovery [2ndシングル曲]
4. My Forever
5. I Don’t Know
6. Love Yourself
7. Truth Is
8. Not the End
9. Must Have Forget
10. To Love
11. Hands In da Air
12. Deserve More

最終更新:6月10日(金)18時12分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。