ここから本文です

プライマル・スクリーム、7月までの公演を中止

BARKS 6月12日(日)10時27分配信

プライマル・スクリームは、フロントマンのボビー・ギレスピーが先週ステージから転落し負傷したため、6,7月に予定していた公演をキャンセルすると発表した。ボビーは8週間の休養が必要だという。

◆ボビー・ギレスピー画像

バンドは木曜日(6月9日)、以下のような声明を発表した。「先週木曜日夜、スイスのCaribana Festivalで起きたボビー・ギレスピーの事故により、プライマル・スクリームはこの夏ヨーロッパ、UKでのいくつかの公演をキャンセルせざる得なくなりました。ボビーは少なくとも8週間は休養するよう指示されており、残念ながら以下の公演を中止します」

6月17日に出演予定だったスペインの<Azkena Festival>から7月27日のスウェーデンでの公演まで計9公演がキャンセルされた。

ボビーは先週木曜日(6月2日)パフォーマンス中、高さ2メートルあるステージから転落。脊椎骨にひびが入ったほか、頭部を切ったと伝えられている。今週火曜日(6月7日)、救急輸送機でスイスから英国へ戻ったことが報告された。

現在のところ、8月に予定している公演に支障はないようだ。

Ako Suzuki

最終更新:6月12日(日)10時27分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。