ここから本文です

テスラ、必要に応じてバッテリー容量等をオンラインでいつでも追加購入可能に!価格引き下げたエントリーモデルを発売

オートックワン 6/10(金) 6:30配信

テスラモーターズ(本社:米国カリフォルニア州、会長 兼 CEO イーロンマスク、日本法人:東京都港区、代表取締役社長:ニコラ ヴィレジェ)は、2016年6月10日(米国時間6月9日)より、現在発売中のフルエレクトリックセダン「モデルS」に、新しいバッテリーサイズ、「60」と「75」を追加し、エントリーモデルの販売価格を約8%下げて販売を開始。

テスラ 既存モデルも革新的技術で価格引き下げに(画像11枚)

エントリーモデルとなるモデルS「60kWh」は、シングルモーター、後輪駆動で8,841,000円(消費税込み)。これまでのエントリーモデル「70kWh」953万円から、バッテリーを小さくし、標準装備していたテスラスーパーチャージャー(超急速充電)対応を外してオプションとするなど、スペックを最小化して、最低購入価格を下げたモデル。

また購入後、より長い航続距離や超急速充電の必要性を感じたり、または予算的に余裕のあるときなどに、いつでもオンラインからバッテリー容量などを追加購入することができるようになったという。これはソフトウェアをアップデートで機能などを追加実装し、より長い航続距離と、より高速な充電対応機能を得ることなどができるもの。

この新しいモデルSのエントリーモデルの航続距離はJC08モードで400km以上と普通に使うレベルでは十分な距離を確保している。さらに最高速度は210km/h、0-100km/h加速は5.8秒とエコな電気自動車でありながら、スポーツセダンとしての実力も実現しているという。

アクティブセーフティー機能とオートパイロット用のハードウエアは標準装備され、本体価格は8,841,000円(税込)。

テスラは、本年3月31日から予約を開始した「モデル3」で、電気自動車の最大の課題は価格であることを確信したといい、モデル3の販売を待たずして、より多くの電気自動車がガソリンを使うクルマに代わり、人々のライフスタイルや移動手段となるよう、テスラでは既存の販売車両についても、性能面だけでなく、販売手法にも工夫と改良を加え続けていくという。

モデルS 60kWh (新エントリーモデル)概要

エントリーモデルは、RWD8,841,000円(消費税込み。補助金等含まず)

航続距離:400km(NEDC推定)

0-100km/h:5.8秒

最高時速 210km/h

納車開始:8月以降の予定

購入後、バッテリーサイズをオンラインショップなどからアップグレード可能。60kWhから75kWhにアップグレードする場合、1,127,000円。既存の70kWhから75kWhもアップグレード可能。407,000円。(いずれも消費税込み)

デュアルモーターオプションあり(購入時のみ追加可能)626,000円。

航続距離:408km(NEDC推定)

最終更新:6/10(金) 9:40

オートックワン