ここから本文です

熊本地震関連倒産第1号、(株)ヤマイが民事再生

東京商工リサーチ 6月10日(金)12時52分配信

 (株)ヤマイ(TSR企業コード:912085959、法人番号:2330001004717、熊本市北区武蔵ヶ丘1-8-23、設立平成6年5月、資本金1000万円、辻野勇社長、従業員7名)は6月8日、熊本地裁に民事再生法の適用を申請し6月9日、監督命令を受けた。申請代理人は由井照二弁護士(由井法律事務所、同市中央区黒髪3-12-4、電話096-343-0585)。監督委員には建部明弁護士(建部・榎法律事務所、同市北区龍田3-32-18、電話096-245-7269)が選任された。債権者説明会を6月25日(土)午後1時30分よりホテル熊本テルサ(熊本市中央区水前寺公園28-51)で開催予定。
 負債総額は約71億円。
 熊本地震関連では初めての倒産。
 土地建物の売買、賃貸、仲介を手掛ける不動産会社。なかでも競売物件の取り扱いを得意とし、全国の競売物件を落札して主に賃貸物件として活用。平成23年4月期には全国に750以上の自社物件を保有し、賃貸収入主体に売上高約1億5700万円を計上していた。
 一方、資金は一般個人や企業から調達。支払金利が15~18%であったため、多額の利払いが収益を圧迫。23年4月期は3億円余の支払金利負担があり、当期損益約5億5000万円の赤字を計上、債務超過額は10億円に達した。
この厳しい状況から、その後も個人・法人などから追加の借入調達を図ることで資金繰りを維持し、27年4月期も賃貸収入を主体に売上高約1億6200万円を計上したものの、追加借入と利払いで負債は一気に膨張。さらに、熊本地震発生後は借入先からの借入返済請求が急増、今回の措置となった。
 なお、熊本地震関連の破綻では破産準備中の(株)アルティ建材(TSR企業コード:912046678、法人番号:4330001005969、熊本市南区)に続き2例目。

東京商工リサーチ

最終更新:6月10日(金)12時52分

東京商工リサーチ