ここから本文です

JR京葉線で車両トラブル JR千葉支社

千葉日報オンライン 6月10日(金)10時34分配信

 9日午前4時45分ごろ、千葉市美浜区浜田2のJR京葉線京葉車両センターで、男性運転士が新習志野発東京行き上り始発電車(10両編成)を新習志野駅に出庫する際、安全装置が作動し電車が動かなくなるトラブルが発生した。

 JR千葉支社によると、社員らの点検で、列車を連結する運転台を選択するスイッチが誤った位置になっていたことが判明。スイッチを直し、車両設備に異常がないことを確認後、出庫した。電車は新習志野駅を18分遅れで発車した。同支社は原因を調べている。

 同電車の新木場-東京駅間と、折り返しの下り電車の計2本が運休し、乗客約400人に影響した。

最終更新:6月10日(金)10時34分

千葉日報オンライン