ここから本文です

DAIGO「KSK」が今『最も感動するウエディングソング』1位に。安室・三代目JSBらもランクイン。

E-TALENTBANK 6月10日(金)11時11分配信

株式会社レコチョクは、音楽ファンが選んだ、『最も感動するウエディングソング』ランキング[集計期間:2016年5月20日(金)~2016年6月2日(木)]を発表。その1位に、DAIGOの「KSK」が選ばれた。

6月に結婚した花嫁は幸せになれるというジューン・ブライドの季節に選ばれたウエディングソングは、DAIGO「KSK」。「歌詞がとても素敵!自分も将来、最高の結婚生活を送りたいです!」「聴いていて自然と涙がこぼれる」、そして「今はこれしかないでしょう。 温かくって、優しくて、愛情が詰まった曲ですよね」という声が寄せられ、6月15日(水)のCD発売前にもかかわらず、ランキング1位に輝いた。

「KSK」は“結婚して下さい”のDAI語。プロポーズの言葉にアルファベットで返事を返せず後悔していた新婦のために、もう一度プロポーズして返事をもらおうと、自身の結婚披露宴でサプライズで披露したプロポーズソング。「お二人の披露宴のニュースを見て、この曲を聴きながら涙が溢れました」「旦那様になった人から気持ちを綴った歌をプレゼントしてもらえるなんてうらやましい」とリアル・ストーリーに想いを重ね、楽曲へのコメントと共に、二人の幸せを祝う声も多数寄せらた。
 
そんなDAIGOから喜びのコメントが届いている。
 
今回、最も感動するウエディングソング第1位に選ばれて本当に光栄です。
結婚式でこの曲を使いたいって問い合わせも凄く来てて、 嬉しい限りです!
是非流していただけたらと思います!
これからも大切に大切に歌っていきます!
本当にありがとうございました!
DAIGO
 
また、2位以下には、安室奈美恵、木村カエラ、長渕剛など結婚式の「定番曲」が並ぶ中、5位には三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Wedding Bell ~素晴らしきかな人生~」がランクインした。

最終更新:6月10日(金)11時32分

E-TALENTBANK