ここから本文です

松島幸太朗が15番! カナダ戦で帝京大BK松田力也らが日本代表デビューへ

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6/10(金) 11:18配信

 カナダに遠征中の日本代表は6月11日(日本時間12日)、バンクーバーのBCプレイススタジアムで、ワールドランキング18位のカナダ代表とテストマッチをおこなう(日本は10位)。2005年5月に秩父宮で黒星を喫したのを最後にカナダには7試合連続で負けていない(5勝2分)日本だが、2年前に敵地でおこなわれた試合は前半を16点リードされて苦戦しており(ファイナルスコア:34-25)、今回もタフな試合になりそうだ。

元野武士のトニー・ブラウン、日本代表アタックコーチ就任!

 日本代表の指揮を執るのはマーク・ハメット ヘッドコーチ代行(サンウルブズ ヘッドコーチ)。
 6月のテストシリーズでキャプテンを務めるHO堀江翔太など10選手はツアーに参加しておらず、先発15人のうち昨秋のワールドカップメンバーは7人となった。ゲームキャプテンを務めるのは副将のCTB立川理道。右肩を負傷した五郎丸歩が不在のなか、ワールドカップでは4試合すべてWTBでプレーした松島幸太朗が15番を着る。
 サンウルブズでも奮闘しているFL細田佳也、WTB笹倉康誉、WTBパエア ミフィポセチはスターティングメンバーに名を連ねて初キャップとなり、同じくスーパーラグビーで成長しているSH茂野海人と帝京大学4年のSO/FB松田力也はベンチ入りで日本代表デビューとなりそうだ。
 NO8堀江恭佑は2年ぶりに桜のジャージーを着てプレーする。

 対するカナダ代表は、スターター15人のうち10人が昨年のワールドカップメンバー。ヨーロッパで長年プレーしている37歳のベテランLOジェイミー・カドモア(ワールドカップ4大会出場)がキャプテンを務め、71キャップのNO8アーロン・カーペンターも打倒ジャパンの先頭に立つ。


< 2016年6月(対 カナダ戦) 日本代表 試合登録メンバー>

1.稲垣啓太(パナソニック)  2.木津武士(神戸製鋼)  3.畠山健介(サントリー)  4.宇佐美和彦(キヤノン)  5.小瀧尚弘(東芝)  6.細田佳也(NEC)  7.安藤泰洋(トヨタ自動車)  8.堀江恭佑 (ヤマハ発動機)  9.田中史朗(パナソニック)  10.田村優 (NEC)  11.笹倉康誉(パナソニック)  12.立川理道(ゲームキャプテン/クボタ)  13.ティム・ベネット(キヤノン)  14.パエア ミフィポセチ(NTTドコモ)  15.松島幸太朗(サントリー)

〔リザーブ〕
16.森太志(東芝)  17.三上正貴(東芝)  18.垣永真之介(サントリー)  19.谷田部洸太郎(パナソニック)  20.金正奎(NTTコミュニケーションズ)  21.茂野海人(NEC)  22.小野晃征(サントリー)  23.松田力也(帝京大学4年)

最終更新:6/10(金) 11:18

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

なぜ今? 首相主導の働き方改革