ここから本文です

ナダル、ウィンブルドン欠場 左手首の怪我「回復に時間必要」<男子テニス>

tennis365.net 6月10日(金)8時29分配信

ナダル、ウィンブルドン欠場

男子テニスで世界ランク4位のR・ナダル(スペイン)が、6月27日から開幕する今季3度目のグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を左手首の怪我を理由に欠場することが分かった。

棄権ナダル「フォア打てない」

ウィンブルドンで過去2度の優勝を飾っているナダルは、最近の検査の結果を受け主治医と相談した結果、今回の決断に至ったと自身の公式フェイスブックに綴っていた。ナダルは全仏オープンでも同じ怪我のために3回戦を戦わずして棄権を申し込んでいた。

「今年のウィンブルドンには出場出来なくなってしまった。皆さんも想像している通り、本当に辛い決断だった。全仏オープン中に痛めたこの怪我は、回復までに時間が必要なもの。」とナダルはその辛い胸の内を明かしていた。

ナダルは、来週行われるウィンブルドンへの準備大会であるAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)の欠場を既に表明している。

ナダルのスポークスマン(代弁者)であるB・ペレス=バルバディヨが語ったところによると、ナダルはあと2週間は左手首に固定具を装着しなければならない。それから抗炎症治療と理学療法を受けなければならない。

ナダルは全仏オープン中に開いた会見でも、左手首に固定具を装着して現れ、3回戦を棄権する報告を行っていた。しかしその時は、ウィンブルドンには間に合うだろうと語っていた。

14度のグランドスラム優勝を持つナダルは、2008年と2010年のウィンブルドンで優勝を飾っていた。大会連覇を目指していた2009年は、膝の怪我のために欠場を余儀なくされ、2006年・2007年・2011年は準優勝だった。

しかし、2011年以降ナダルはウィンブルドンで結果を残せていない。2013年は初戦敗退を喫し、2014年は4回戦敗退。2012年と2015年は2回戦で敗れていた。

現時点で、8月に開催されるリオ・オリンピックへの出場については、はっきり分からない状況だと言う。ナダルは、開会式でスペイン選手団を率いる旗手に選ばれている。2012年のロンドン・オリンピックは怪我で出場を見送っていた。

ウィンブルドンの大会側もナダルの欠場を確認しており、ナダルに代わって同胞のA・モンタネス(スペイン)が本戦入りを果たす。

これまでに欠場を表明しているのは、T・ロブレド(スペイン)(肘の怪我)とT・コキナキス(オーストラリア)(肩の怪我)の二人で、代わってG・エリアス(ポルトガル)とF・バグニス(アルゼンチン)が本戦へ繰り上がっている。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月10日(金)8時29分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]