ここから本文です

“ストーク本田圭佑”誕生でボージャン&クラウチと競演!? 英紙「ストークがミランの不適任者を追っている」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/10(金) 1:10配信

プレミアリーグ参戦なるか

ミラノでの日々は終わりへと近づいているのだろうか。2015-16シーズンが本田圭佑にとって最高なものだったかは分からないが、決して最悪でもなかったはずだ。それは、彼が何度もポジションを奪われながらも、そのたびに奪還してきたという事実が物語っている。

いずれにせよ、今夏にミランは大きな変革を迎えることになりそうだ。一部の“未来あるイタリア人”を除いて、ほぼすべての在籍選手に退団の噂が囁かれており、それは本田も例外ではない。以前よりプレミアリーグのトッテナムやウェストハムといったクラブからの関心が報じられてきたが、新たにストーク・シティが名乗りを上げたと英『The Sentinel』が伝えている。同メディアは“ストークがミランの不適任者、本田圭佑を追う”と銘打ち、本田が3年前にミランへ移籍して以降安定した成績を残せていないと指摘。また2017年に“赤い悪魔”との契約が満了を迎えることも説明している。

ストークといえば、かつてバルセロナのカンテラ(下部組織)に所属し、リオネル・メッシやアンドレス・イニエスタといった天才たちに匹敵するスーパーエリートとして君臨したボージャン・クルキッチや、元リヴァプールの長身FWピーター・クラウチらが在籍。もしも日本のエースが加入を果たせば、じつに興味深いコンビネーションが見られることになりそうだ。スパーズやウェストハムといったクラブも含め、今後の展開に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/10(金) 1:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています