ここから本文です

少年消防士が酒気帯び事故 /成田

千葉日報オンライン 6/10(金) 10:39配信

 千葉県警成田署は7日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで成田市消防本部三里塚消防署に勤務する消防士の少年(19)=神崎町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は6日午後11時35分ごろ、同市幸町の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、自転車で走っていた同市の塾講師男性(53)を追い越しざまにはね、右手などに軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、近くにいた警戒中の同署員が事故に気づき発覚。少年は「友人と市内の居酒屋でビールやレモンサワーなどを飲んだ」などと容疑を認めているという。

 同消防本部の山下昌起消防長は「消防に対する信頼を著しく裏切る結果となり心からおわびする。事態を重大に受け止め法令順守、綱紀保持を徹底し再発防止に取り組む」とのコメントを発表した。

最終更新:6/10(金) 10:39

千葉日報オンライン