ここから本文です

日ハム大谷「打ち損じただけ」 内外角を揺さぶれられ、連続試合安打止まる

Full-Count 6/10(金) 7:10配信

17試合連続安打でストップ、9回は一発逆転の場面で三振「なんとかつなぎたかった」

 日本ハム・大谷翔平投手は9日の広島戦(札幌ドーム)に「3番・DH」でスタメン出場。4打数無安打で、連続試合安打は17で止まった。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 2点差の9回2死一、二塁。一発逆転が期待された大チャンスだったが、カープの守護神・中崎の変化球攻めに苦しんだ。1ボールからスライダー2球で追い込まれ、最後は外角低めへフォークを落とされた。空振り三振で最後の打者となった。

「なんとか中田さんにつなぎたかったですけど。きっちり投げられました。その前のスライダーとかチャンスボールはあったんですけど、そこで打てなかった」

 内外角を揺さぶられた。前夜に3年ぶりの死球を受けるなど厳しい内角攻めが目立ったが、この日は外角球も効果的に使われた。初回1死一塁は野村の内角カットボールに二ゴロ。6回1死も内角カットボールに右飛に倒れたが、その前には外角低めのチェンジアップで目線を外されていた。8回1死はジャクソンの高めへの152キロ直球に空振り三振した。

10日からは投手調整に専念、「特に切り替えることはないです」

「僕が打ち損じただけです。(ジャクソンの三振は)あれは高かったですね。ボールの力もありました。(前夜の死球の影響は)全然ないです。治療も特にする必要もなかったです」

 次回登板予定は12日の阪神戦(札幌ドーム)。10日から投手調整に専念し、自身4連勝となる5勝目を目指す。パ・リーグの主催試合だが、指名打者を使わない二刀流起用となる見込みだ。

「特に切り替えることはないです。そのまま今まで通りやっていきます」

 首位・ソフトバンクとは今季最大10ゲーム差。淡々とした口調の中に、巻き返しへの思いを込めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/10(金) 7:10

Full-Count