ここから本文です

マカオのパンダ館が約1ヶ月休館=繁殖計画実施のため

マカオ新聞 6月10日(金)21時30分配信

 マカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンが(2016年)6月14日から7月11日までのおよそ1か月間休館となることが発表された。

 今回の長期休館の理由について、マカオ政府民政総署(IACM)は同館で飼育・展示されているジャイアントパンダのつがい、オスのカイカイ(開開)=7歳とメスのシンシン(心心)=8歳の繁殖計画を円滑に実施するためとの説明している。休館期間中に通常身体検査、繁殖データの記録分析、繁殖行為訓練などが行われるという。

 カイカイとシンシンは2014年12月にマカオ返還15周年を記念して中国中央からマカオへ贈られることが決まったもので、昨年(2015年)4月30日に四川省のパンダ保護研究センターからマカオへ空路到着し、同年6月1日からマカオジャイアントパンダパビリオンで一般公開がスタートした。

 なお、マカオには返還10周年の際にもジャイアントパンダのつがいが贈られたが、繁殖可能な年齢に達した矢先の2014年6月にメスが急性心不全で亡くなり、その後、オスは中国の全国ジャイアントパンダ繁殖計画に参加するため、昨年11月に里帰りしたという経緯がある。新たにマカオへやって来た2頭については、すでに繁殖可能な年齢に達しており、繁殖を意識した性格面や遺伝学的見地による判断を経て選定されたと個体される。

 マカオジャイアントパンダパビリオンの入館料は10パタカ(約140円)で、世界で最も安価でパンダを見学できる施設のひとつとして人気を博している。

最終更新:6月10日(金)21時30分

マカオ新聞