ここから本文です

ツォンガも欠場 ナダルに続き 、トップ選手の負傷相次ぐ<男子テニス>

tennis365.net 6月10日(金)10時47分配信

AEGON選手権

男子テニスで世界ランク12位のJW・ツォンガ(フランス)は、ウィンブルドンの前哨戦として13日から開幕するAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)を内転筋の負傷により欠場することを発表した。

ツォンガ全仏棄権 目には涙

5日まで行われていた全仏オープンでは、E・ガルビス(ラトビア)との3回戦で試合途中に棄権を申し入れており、今大会までに回復させることができなかった。

2011年の同大会で決勝進出を果たしたツォンガは、今回2人目のビッグネームの欠場となった。出場予定だったR・ナダル(スペイン)は全仏オープンからの左手首の負傷により欠場を表明している。

今大会のトップシードは、昨年覇者のA・マレー(英国)となっている。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月10日(金)10時47分

tennis365.net