ここから本文です

子どもの英語学習法を比較! お子さまも保護者も長く続けられる英語学習を

ベネッセ 教育情報サイト 6月10日(金)14時0分配信

お子さまの習い事として、英語や英会話は根強い人気です。お子さまが英語を習う方法として、英語教室に通う、通信教育を利用する、そして近年注目されているオンライン英会話を活用するという、主に3つがあります。お子さまに英語を学ばせようと思っても、どの方法を利用しようか迷うかたも多いのではないでしょうか。そこで今回は3つの観点から、お子さまの英語学習方法を比較してみました。ぜひ参考にしてみてください。

【1】英語を続けるモチベーションは≪英語教室≫が保ちやすい!

英語教室に通うメリットに、友だちができるということが挙げられます。友だちとコミュニケーションをとりながら学習できるので、より楽しく英語を身につけられます。また、「友だちがいるから教室に行く!」など、英語を続けるモチベーションにもつながりやすいでしょう。

さらに、同じ曜日、同じ時間に同じ場所で学ぶことで習慣になりやすく、自宅での自主性に委ねられる通信教育やオンライン英会話に比べ、英語教室は続けやすいと言えます。ほかにも、英語を使いながら楽しめるダンスや体操、ゲームなどのアクティビティーを取り入れている英語教室もあります。楽しく英語を学べる工夫を取り入れているのも、英語教室の魅力。これなら、お子さまにとって英語を窮屈な「勉強」ではなく、楽しい「勉強」にできるでしょう。

【2】マイペースに勉強したいお子さまには≪通信教育≫がおすすめ

マイペースに勉強したいというお子さまにおすすめの方法が通信教育です。最近ではタブレットを使った教材も登場しており、注目を集めています。通信教育はわからないところがあっても自分で繰り返し学習できるので、周囲と比較される心配がない点がメリットです。さらに、自宅で学習するので保護者がお子さまの理解度や進捗状況を把握しやすい点もポイント。保護者と一緒に学ぶことができれば、お子さまもより英語に親しみやすくなるでしょう。

【3】通う手間なしの双方向学習、いいところ取りの≪オンライン英会話≫

近年では、お子さま専門のオンライン英会話教室も登場しています。オンライン英会話の魅力は、通学の必要がない点です。特に共働きしている保護者にとって、送り迎えをしなくてもいいというのはうれしいポイントなのではないでしょうか。また、リアルタイムでコミュニケーションをとりながら学習できるため、自主的な学習習慣がまだ身についていないお子さまでも、楽しみながら学べるでしょう。なお、大手企業のサービスの中には、通信教育にオンライン英会話が組み込まれていることもあります。

お子さまも保護者も長く続けられる英語学習を!

習い事は長く続けられることが大切です。親子双方に合った方法で継続すれば、お子さまも楽しく英語を身につけられるでしょう。英語教室、通信教育、オンライン英会話それぞれの特徴を生かし、ご家庭に合う方法でぜひ英語を習い始めてください。

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:6月10日(金)14時0分

ベネッセ 教育情報サイト