ここから本文です

「アホ」「バカ」舛添氏批判も 住宅にスプレー落書き容疑 自称塗装工80件関与か 市川

千葉日報オンライン 6月10日(金)10時47分配信

 千葉県市川市で民家にスプレーで落書きしたとして、市川署と千葉県警捜査1課は9日、器物損壊の疑いで同市田尻4、自称塗装工、横山秀行容疑者(42)を逮捕した。市内では昨年末から同様の事件が多発しており、県警はうち約80件について関連を調べる。捜査関係者によると、中には舛添要一東京都知事を批判するような落書きも見つかったという。

 逮捕容疑は昨年12月27日午後11時ごろから翌28日午前7時ごろまでの間、同市の無職男性(74)方のブロック塀や階段など(約90万円相当)にスプレーのような塗料で落書きした疑い。防犯カメラの解析で横山容疑者が浮上した。

 同署によると、周辺では昨年11月から今年5月中旬にかけて類似の被害が多発。県警はうち約80件(被害額約1200万円)に横山容疑者が関わったとみて関連を調べている。

 捜査関係者によると、落書きは住宅の塀や車などにされていた。「アホ」「バカ」といった文字や曲線のほか、今年5月には、政治資金疑惑を追及されている舛添東京都知事を批判するような落書きも見つかった。

 横山容疑者は「心当たりはない」と容疑を否認している。

最終更新:6月10日(金)11時38分

千葉日報オンライン