ここから本文です

浦和、逆転でステージV狙う 11日ホーム鹿島戦、素早いゴール練習

埼玉新聞 6月10日(金)10時30分配信

 明治安田J1第1ステージで2試合未消化ながら勝ち点27の暫定3位浦和は第15節の11日、ホームに同3差の2位鹿島を迎える(19時・埼玉ス)。首位川崎とは同4差。他のチームが残り3試合の中、最終節まで15日間で5試合を戦い、逆転でのステージ優勝を狙う。

 鹿島とのJ1通算対戦成績は15勝9分け26敗と大きく負け越している。しかしリーグ戦に限れば2010年の開幕戦に敗れてから11試合負けなしで近年は相性がいい。昨年はホーム、アウェーとも2―1で勝利した。

 チームは試合を2日後に控えた9日、大原サッカー場で約1時間30分調整した。8日と同じように通常よりやや狭いピッチで11対11の戦術練習を実施。後ろの5人で球を回してから前線へのパスを合図に素早くゴールを目指す形を繰り返した。

 日本代表勢も全体練習に加わり、主力組は西川、森脇、遠藤、槙野、青木、阿部、駒井、梅崎、李、武藤、興梠が務めた。途中から宇賀神、関根が交代で入った。柏木はランニングなどで別調整だった。

最終更新:6月10日(金)10時30分

埼玉新聞