ここから本文です

錦織の次世代、22歳ティエムら若手選手の飛躍<男子テニス>

tennis365.net 6月10日(金)11時29分配信

錦織の次世代、若手選手の飛躍

前週まで行われていたテニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でグランドスラム初のベスト4進出を果たした22歳のD・ティエム(オーストリア)が、6日に発表された世界ランキングで錦織圭(日本)に次ぐ7位に入るなど、今シーズンは若い世代の活躍が目立っている。

錦織より下の世代が脅威

昨年、ティエムはツアー大会で3度のタイトルを獲得。今年はそれを上回る活躍を見せ、今季はすでに3勝を飾り、前週の全仏オープンでは四大大会初の4強入り。準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるも、対戦後に「次世代を担う選手。とてもパワフルで、しかもバラエティーに富んだプレーもしている」と称賛された。

世界ランク19位で21歳のN・キリオス(オーストラリア)は、今年2月のオープン13でツアー初優勝を飾ると、その後は3月のマイアミ・オープンでマスターズ初のベスト4へ進出した。また、今季トップ10選手からあげた5勝は、ジョコビッチとA・マレー(英国)に次いで多い数字となっている。

昨年末のATPアワードで年間最優秀新人賞を受賞した19歳のA・ズベレフ(ドイツ)と、B・チョリッチ(クロアチア)は今シーズンともにツアー大会の決勝に進出を果たした。M・チリッチ(クロアチア)以来10代選手の優勝とはならなかったが、今後も十分に達成の可能性が残されており、将来に大きな期待が寄せられている。

そして、現在トップ100で最も若い18歳のT・フリッツ(アメリカ)は2月のメンフィス・オープンでツアー大会初の決勝進出。錦織に初優勝を阻まれるも、その積極的なプレースタイルからは潜在能力の高さが伺えた。今週行われているメルセデス・カップではR・フェデラー(スイス)から1セットを取る活躍を見せた。

今シーズンの錦織は3月のマイアミ・オープンで準優勝、5月のマスターズで2週連続の4強入りを果たすなどの好成績を残した。グランドスラムやマスターズのタイトル獲得まであと一歩の錦織にとって、次世代の若手は脅威の存在。


6月6日付ATP世界ランキング U23 <23歳以下の上位10選手>

■7位…D・ティエム (22)
3,105ポイント
ツアー6勝、全仏オープン ベスト4進出(2016)

■19位…N・キリオス(21)
1,855ポイント
ATP250 オープン13優勝(2016)、ATP1000 マイアミ・オープン ベスト4進出(2016)

■23位…B・トミック(オーストラリア)(23)
1,625ポイント
ツアー3勝、ATP500アビエルト・メキシコ・テルセル準優勝(2016)

■27位…J・ソック(アメリカ)(23)
1,415ポイント
ATP250 米男子クレーコート選手権優勝(2015)

■29位…L・プイユ(フランス)(22)
1,311ポイント
ATP250 BRDナスターゼ・ティリアク・トロフィー準優勝(2016)、ATP1000 BNLイタリア国際ベスト4進出(2016)

■38位…A・ズベレフ(19)
1,130ポイント
ATP250 ニース・コート・ダジュール・オープン準優勝(2016)

■48位…B・チョリッチ(19)
935ポイント
ATP250 チェンナイ・オープン準優勝(2016)、ATP250 ハッサン2世グランプリ準優勝(2016)

■56位…D・クドラ(アメリカ)(23)
858ポイント
ウィンブルドン ベスト16進出(2014)

■65位…T・フリッツ(18)
768ポイント
ATP250 メンフィス・オープン準優勝(2016)

■67位…J・ヴェセリ(チェコ共和国)(22)
758ポイント
ATP250 ハイネケン・オープン優勝(2015)

tennis365.net

最終更新:6月10日(金)11時29分

tennis365.net