ここから本文です

C・ロナウドでもミュラーでもない イングランドの伝説FWが期待するEURO2016得点王は

theWORLD(ザ・ワールド) 6月10日(金)6時40分配信

得点王を獲得するにはチームの成績も重要なポイントに

元イングランド代表で現在解説者を務めるアラン・シアラー氏は、10日から開幕するEURO2016で楽しみにしているストライカーがいる。

英『Daily Mirror』によると、その選手とはアトレティコ・マドリード所属のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだ。グリーズマンといえば、今季のチャンピオンズリーグ決勝でPKを外してしまったシーンが印象的だが、シアラー氏はグリーズマンがこのショックを乗り越えてEUROで輝くと感じており、今大会で最も注目している選手とコメントした。

「私はグリーズマンを見ることを楽しみにしているよ。彼の得点記録は素晴らしいものだし、彼がアトレティコでの2シーズンで見せたものは非常に印象的だ。リーガ・エスパニョーラで75試合に出場して44得点というのは目を引く数字だし、私は本当に楽しみにしているんだ」

「彼は今大会の得点王候補になるだろう。得点王となる選手を抱えるチームは、通常は最低でも準決勝に進んでおかなくてはならない。私はフランスならそれができると思っているよ」

グリーズマンは目覚ましい成長を遂げている選手の1人で、現在のフランス代表には欠かせない存在だ。また、同氏の指摘通り得点王になるには試合数を多くこなす必要がある。EUROにはポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド、スウェーデンのズラタン・イブラヒモビッチなど強烈なストライカーがいるが、彼らが準決勝まで上がってくる確率はフランスほど高くはない。

グリーズマンには得点王を狙うチャンスと資格があるように思えるが、フランスの地でグリーズマンが輝くことに期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月10日(金)6時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。