ここから本文です

WRESTLE-1王者KAIが絶対安静のドクターストップ!ガンプロの大家健が代打出場決定!

バトル・ニュース 6/10(金) 21:14配信

 10日、WRESTLE-1王者のKAIが脇腹を負傷し、医師より1週間の安静を告げられたことが発表された。

 KAIは8日の後楽園ホールにて開催された『WRESTLE-1 TOUR 2016 OUTBREAK』のメインイベントにて、デビュー1年4ヶ月の芦野祥太郎相手にW-1王座の防衛に成功。しかしその試合で脇腹を負傷し、骨が折れたりヒビが入るほんと一歩手前だと診断された結果一週間の絶対安静を医師から言い渡されたという。
 これにともないWRESTLE-1 6.12郡山大会には愛媛プロレスの三富政行が、6.15新宿FACE大会にはガンバレ☆プロレスの大家健が、6.16ハキダメ★プロレス蕨大会でのvs力戦には代打未定、6.17ガッツワールド新木場大会でのvsマスクドミステリーには黒潮“イケメン”二郎の代打出場が決定した。

 KAIはいつになく神妙な面持ちで謝罪をすると、7月3日のDDT博多大会でKO-Dタッグ王座への挑戦が決まっているパートナーのガンバレ☆プロレス大家健代表が「KAIと出会ってからわずか1、2カ月ですが、ガンバレ☆プロレス並びに大家健は、KAI選手にとても助けられてきました。たくさんの恩義を受けました。今、KAIがケガをして困っているというのであれば…人間はね、恩義を受けた人間に恩を返すのが当然でしょ。このWRESTLE-1のチャンピオンであるKAIのかわりになるかどうかはわかりませんが、このガンバレ☆プロレス代表・大家健が一生懸命!一生懸命試合をさせていただきます!よろしくお願いいたします!KAI!KAI、うなずくだけでいいよ、絶対安静なんだ。辛い!辛いと思う!でもな、お前が今できることは絶対に安静にして、1日でも早く!1日でも早く!プロレスラーとして復帰することだ!お前がいない間は俺が頑張るから。しっかり!しっかり治してくれ!」とガッチリとKAIの手を握りエールを送った。

最終更新:6/10(金) 21:14

バトル・ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革