ここから本文です

ロッテ鈴木が8打数連続安打 7回はサイクルへ「一生に1回のチャンス」も…

Full-Count 6月10日(金)8時50分配信

2夜連続の3安打、「ボールの見え方が良くなった」と手応え

 覚醒したロッテのキャプテン鈴木大地内野手の快進撃が止まらない。

 8日に今季4回目の猛打賞をマークしていたが、9日の阪神戦では2回の第1打席で藤浪のカットボールを右中間二塁打とすると、4回は149キロの真っすぐを逆方向へ技ありの左前打。さらに、5回は守屋から右翼フェンス直撃のタイムリー三塁打で、7日から8打数連続安打とした。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 7回の第4打席は、サイクル安打と日本記録11打数連続安打(巨人高橋監督他)に向けての記録継続へ二重の期待がかかった。「一生に1回のチャンスということは頭に入っていた」と珍しく3ボールから振っていったが、ファール。5球目は真ん中高めの速球を高々と右翼へ打ち上げたが、フェンス前で失速し、大記録はならなかった。

 それでも、バッティングの内容には大満足で、引っ張りにかかっていたのをセンター方向に意識することで「ボールの見え方がよくなった」と大きな手応えをつかんでいた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月10日(金)8時50分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]