ここから本文です

地元のホープ、コンタが2回戦で敗退 [ノッティンガム/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月10日(金)14時0分配信

 イギリス・ノッティンガムで開催されている「AEGONオープン・ノッティンガム」(WTAインターナショナル/6月6~12日/賞金総額25万ドル/グラスコート)のシングルス2回戦で、第2シードのジョハナ・コンタ(イギリス)がジェン・サイサイ(中国)に4-6 5-7で敗れた。

 キャリア最高の世界ランキング18位になったばかりのコンタは腰を痛め、第2セットでは2度にわたりコート上で治療を受けなければならなかった。彼女はこの故障を「軽い痛みをともなう些細なもの」と呼び、来週のバーミンガム(AEGONクラシック・バーミンガム)ではプレーできるだろうと言い添えた。

 ジェンは5大会連続で本戦1回戦負けを喫したあと、2月のドーハ以来の準々決勝進出を果たした。彼女は次の試合でもうひとりの地元選手、208位のタラ・ムーア(イギリス)と対戦する。ムーアは第8シードのクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)を6-2 6-2で下し、WTAツアーで初の準々決勝進出を決めていた。

 アシュリー・バーティ(オーストラリア)はアンドレア・フラバチコバ(チェコ)を6-0 4-6 6-4で下し、準々決勝で第1シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。

奈良くるみは1回戦でパシェックに敗退 [AEGONオープン・ノッティンガム]

 タミラ・パシェック(オーストリア)はマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)との2回戦で6-3 3-1とリードしているときにリバリコバが右膝の故障を理由に棄権したため、ベスト8入りを果たした。パシェックは準々決勝で、第4シードのモニカ・プイグ(プエルトリコ)と対戦する。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 09: Johanna Konta of Great Britain walks off court dejected her match against Saisai Zheng of China on day four of the WTA Aegon Open on June 9, 2016 in Nottingham, England. (Photo by Jon Buckle/Getty Images for LTA)

最終更新:6月10日(金)14時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。