ここから本文です

ダイナミックなMFにスピードあるサイドアタッカー モウリーニョがマンUに求める5選手のタイプは

theWORLD(ザ・ワールド) 6月10日(金)7時10分配信

バイリーだけでは終わらない

ジョゼ・モウリーニョが指揮官に就任したマンチェスター・ユナイテッドは、補強第一弾としてビジャレアルからDFエリック・バイリーの獲得を発表した。移籍金は3000万ポンドと言われているが、当然モウリーニョがこれだけの補強で終わるわけはない。

米『ESPN』は、モウリーニョがバイリー以外にも即戦力となる5選手の獲得を目指していると報じた。現在EURO2016に臨むスウェーデン代表に招集されているFWズラタン・イブラヒモビッチの獲得も間近に迫っていると言われているため、その他に最低でも4選手加わると予想されている。

同メディアによるとモウリーニョが求めているのは、中盤で攻守にダイナミックなプレイができるMF、スピードのあるサイドアタッカー、FW陣のバックアッパーを務めることができる選手、さらにバイリー以外にももう1人信頼できるDFを加えると言われている。

マンUは今夏2億ユーロほどの資金を用意していると言われており、今後も豪華な名前が獲得候補に浮上するだろう。モウリーニョは戦える選手を好む傾向にあるが、名将が求める5人の戦士はどんな顔ぶれとなるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月10日(金)7時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。