ここから本文です

トヨタに続きホンダも参戦!ナゼ自動車メーカーが「AI(人工知能)」に多額の投資をするのか

オートックワン 6/10(金) 14:14配信

ホンダは6月2日、「ホンダ・イノベーションラボ東京」を今年9月に東京都港区赤坂に開設すると発表した。その役割は、「知能化技術の先端研究・モビリティ領域への応用研究」というもの。ざっくりいえば、AI(人工知能)の研究だ。

人工知能に多額の投資をする自動車メーカー

ホンダは、同社の得意分野である機械工学に加えて、知能化の技術を盛り込んだ研究を行うため、2003年にホンダ・リサーチ・インスティテュート(HRI)を設立。現在、四輪車の生産拠点や研究開発拠点がある日本の埼玉県和光市、ドイツのフランクフルト市、アメリカのオハイオ州コロンバス市、さらにはIT系企業が密集するシリコンバレーのマウンテンビュー市にHRIのラボがある。

今回発表された東京のラボは、既存の4つのラボとの協調を狙う。

さらに、東京ラボは、大学などの教育機関、国の研究施設、そしてベンチャーを含む幅広い分野でのIT系企業が「集う場」として活用される予定だという。

どうしていま、ホンダがAI研究を強化するのか?

その理由については、各種報道でよく目にするのは、「トヨタがTRIを作ったから」というものだ。TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)は2016年1月末から実動している。米西海岸のスタンフォード大学と、米東海岸のMIT(マサチューセッツ工科大学)の2拠点で、ロボット工学や人工知能に関する世界トップクラスの研究者を今後、200人近く集める予定だ。そのなかには、グーグルの自動運転プロジェクトの上席研究員もいる。

TRIの驚くべきは、その予算の規模で、5年間に10億ドル(約1100億円)と超高額。トヨタの先行投資は8000億円~1兆円と見られているが、これは全世界での自動車開発のすべてに対しての予算。この10%強を一気に人工知能に振り分けるのだから、トヨタとしては大英断といえる決定だ。

ホンダとしては、トヨタほどの大規模な新規投資ではなく、既存のHRIを強化する方法を選んだ。テレビ、新聞、ネットのニュースでは、「そういう見方」をする向きが多い。

1/2ページ

最終更新:6/10(金) 14:14

オートックワン