ここから本文です

アンバー・ハードの元恋人、DV事件は「騒ぎすぎ」

ELLE ONLINE 6/10(金) 19:36配信

2009年にアンバー・ハードがDVで逮捕された事件について、当時の恋人ターシャ・ヴァン・リーが声明を発表。「2009年の事件について、アンバーは不当に糾弾されている。あの事件は誤った解釈をされ、過剰に騒ぎ立てられている」とアンバーを擁護したそう。

アンバーとターシャは2012年に別れているけれど、今でも良好な関係だとか。ターシャは「アンバーの誠実さと、彼女の話がまたしても疑われていることに失望する。アンバーは正直で美しく素晴らしい女性。彼女に最大限の敬意を抱いている」と彼女をサポート。

一方、アンバーが被害者であるジョニー・デップのDV事件にも動きが。当初、アンバーがジョニーのDVを自分で通報せず「第3者が通報した」と報じられていたことから、「アンバーが嘘をついているのでは?」という噂も浮上。でも通報者が明らかに。それはアンバーの友人で写真家のアイオ・ティレット・ライト。アイオはウェブサイト「リファイナリー29」にエッセイを寄稿、「アンバーが絶対に通報しないだろうから私がした」「DVが発生するたび、彼女が最初に考えるのはジョニーを守ることだった。なぜなら暴力事件が起きるたび、私たちが愛していた優しい男性が謝罪の言葉とともに戻ってきたから。彼は“自分がどんなに悪いことをしたのかわかっている”“もう二度としない”と言葉を尽くして誓っていた」と主張した。

アイオのエッセイが本当なら、典型的なDVの加害者と被害者の関係に陥っていたといえそう。夫婦の真実が明かされるのはいつになるのか、今後の動きにも要注目。(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6/10(金) 19:36

ELLE ONLINE