ここから本文です

女性の車、水路に飛び込む…加須署員が女性救助 目撃者の通報で急行

埼玉新聞 6月10日(金)10時30分配信

 埼玉県の加須署(安達英明署長)は、同署地域課パトロールカー勤務の高橋健一巡査部長(59)と大橋鉄平巡査長(37)を、人命救助の功労で署長賞表彰した。

 5月26日午後3時半ごろ、加須市栄の市道で、群馬県内の80代女性が運転する軽乗用車が右側フェンスを破って用水路に飛び込んだ。目撃者の110番を受けて、2人はパトカーで現場に急行した。

 用水路は水深が80センチほど。軽乗用車は運転席側を下にした状態で横転していた。高橋巡査部長が助手席側ドアを女性に内部から開けてもらうと、同巡査部長がドアを持って開けている間に大橋巡査長が女性を抱え込むようにして車外へ救出したという。女性は軽傷だった。

 高橋巡査部長は「現場近くで人身事故があり、パトカーで応援に向かう途中、用水路の事故現場へ向かうようにとの指令を受けた。7、8分で到着し、迅速に対応できた」と振り返る。大橋巡査長も、「早急に救助できてよかった」と話した。

最終更新:6月10日(金)10時30分

埼玉新聞