ここから本文です

関西形鋼市況 上昇鈍化、再び横ばい

日刊産業新聞 6月10日(金)12時24分配信

 関西地区の形鋼類市況の上昇速度が鈍化し、再び横ばいに転化した。現行価格はH形鋼が6万8000円(トン当たり、ベースサイズ)、等辺山形鋼、溝形鋼が6万9000円(同)。採算悪化を懸念する扱い流通は多いが、目先、横ばいの市況展開が続く見通し。

最終更新:6月10日(金)12時24分

日刊産業新聞