ここから本文です

葵商店、今期経常黒字目指す

日刊産業新聞 6月10日(金)12時26分配信

 葵商店(本社=愛知県岡崎市牧平町、青木正信社長)は今期(2017年3月期)、売上高で180億円程度、経常損益での黒字転換を目指す。販売量は前期並みの年間約20万トンを維持する。所有するブランキングプレス設備などを活用し、100キロ鋼以上の高張力鋼板の受注・加工を強化する。前期に設備の修繕、人員の拡充を実施し、設備稼働や労働の平準化が図れたことから、今期は生産効率の向上など成果を発揮させ、コスト低減を推進する。設備投資は3工場の設備の電気系統の修繕・メンテナンスを予定している。

最終更新:6月10日(金)12時26分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]