ここから本文です

「ICT女子プロジェクト」が発足 女性の活躍支援かと思ったらまるでアイドルオーディションだった

BuzzFeed Japan 6/10(金) 20:19配信

一般社団法人テレコムサービス協会のICTビジネス研究会が主催する「ICT女子プロジェクト」の様子がおかしい。

ICT女子プロジェクトは、「全国津々浦々でICTを用いて活動する女性(ICT女子)を発掘し、彼女達に一層の活躍の場を提供するための取組」。新たなビジネスモデルやサービスを作り、ICT利活用の推進を目指すという。ちなみに、公式応援団はアイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」だ。

このプロジェクトの一環で、「ICT48」というグループのメンバーを募集している。採用されたメンバーは、3人×16チームに分かれて、新たなビジネスモデルを発掘し、研究会が主催する発表会への参加を競う。

一見してまじめな企画に見えるが、応募用紙を見ると、身長や体重の記入欄、アップ・全身の写真の添付欄がある。応募できるのは、 2016年7月1日時点で13~24歳の女性だ。

ICT女子に一層の活躍の場を提供するための取り組みとうたっているが、もしかして容姿も関係するのだろうか。Twitterにも、企画を疑問視する声が上がりはじめている。

BuzzFeed Newsは、ICTビジネス研究会に疑問点をメールで問い合わせている。回答があり次第、追記する。

なお、総務省(@MIC_ICT)はTwitterでこの企画を紹介していた。総務省はBuzzFeed Newsの取材に対して「ICTに関連する内容だったからツイートした。(上述の)応募要項などについては見ていない」と説明した。

最終更新:6/13(月) 13:22

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。