ここから本文です

ツォンガがウィンブルドン前哨戦を棄権 [ロンドン/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月10日(金)18時1分配信

 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が内転筋の故障を理由に、来週から始まる「AEGON選手権」(ATP500/グラスコート)への出場を取りやめた。AEGON選手権は6月13日からイギリス・ロンドンのクイーンズクラブで始まる、ウィンブルドンの前哨戦として知られる由緒ある大会だ。

ナダルに続き、ツォンガまで…相次ぐ不運は偶然か [全仏オープン]

 全仏オープンでは3回戦で、エルネスツ・グルビス(ラトビア)との試合途中で棄権していたツォンガは、この大会までに故障を回復させることができなかった。

 2011年大会では決勝に進んでいるツォンガが、今大会の出場を取り消した2番目のビッグネームとなった。先週はラファエル・ナダル(スペイン)が全仏オープン3回戦を戦う前に棄権することになった手首の故障のため、今大会の欠場を発表している。

 AEGON選手権のトップシードは世界ランキング2位のアンディ・マレー(イギリス)、5位のスタン・ワウリンカ(スイス)となっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 26: Jo-Wilfried Tsonga of France celebrates victory during the Men's Singles second round match against Marcos Baghdatis of Cyprus on day five of the 2016 French Open at Roland Garros on May 26, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:6月10日(金)18時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]