ここから本文です

レイプと性的虐待、元GS覇者に禁固刑の再判決<男子テニス>

tennis365.net 6月10日(金)15時4分配信

元グランドスラム覇者、6年間の禁固刑

南アフリカの最高裁判所は、テニスで元グランドスラム覇者であるB・ヒューイット(オーストラリア)の控訴を却下し、6年間の禁固刑を全うするよう9日に判決を下した。ヒューイットは、数十年前のコーチ時代に指導していた若い女子選手らなどに対して、レイプや性的虐待をしたことでこの判決が下されていた。

間違いで逮捕されたブレイク

3人の裁判官によって審議された今回の判決は、裁判の結果ヒューイットに下された禁固刑は適切なもので「彼は犯罪者であり、その行為は犯罪」と認められたと、判決文に記されていた。

現在76歳のヒューイットは、昨年にこの判決が下された。最高裁判所の裁判官は「彼が行った非情な行為に対して全く謝罪の気持ちを表さなかった」と語っていた。

彼は1980年代から1990年代にかけて、2人の少女へのレイプと、1人の少女への性的虐待について有罪判決が下されていた。その少女達はいずれも当時未成年だった。今では成人になっている彼女達は、正当な処分が下されるまで20年以上待たなければならなかった。

ヒューイットは「彼女達に対する自身の権力や立場を利用していた」と裁判官は記述していた。

彼はもう「テニス界の象徴」として存在していない。そして、彼の「その尊敬すべき立場も控訴の意図する結果を導くことにはならない」とも書かれていた。

オーストラリア生まれのヒューイットは、ダブルスとミックスダブルスで15度のグランドスラム優勝を飾った。時には、テニス界のレジェンドであるB・ジーン・キング(アメリカ)やA・アシュ(アメリカ)とも一緒にプレーしていた。南アフリカの市民権を得ていたヒューイットは、1974年には南アフリカ代表としてデビスカップで母国を優勝に導いた。

彼の犯罪が明らかになってからは、南アフリカの南部にある自身の牧場の自宅に軟禁されていた。

国家検察当局のスポークスマン(代弁者)であるL・ムファク検察官は、ヒューイットは48時間以内に刑務所へ出頭しなければならないと語っていた。

「ボブ・ヒューイットの控訴は却下され、6年間刑務所で過ごさなければならない」とメディアに語るのは、成人男女による子供への虐待の反対運動家であるM・フリードマン。「今回の判決は、世界中の虐待やレイプの被害にあっている子供達への多大な勝利である」と続けていた。

ヒューイットの年齢と不安定な健康状態から、彼の弁護士は自宅軟禁が適しているのではと異論を訴えた。ヒューイットは、レイプはそこまで残忍なものではないと反論し、虐待も抵抗された時には止めていたと主張していた。

アメリカに基盤を置いている国際テニス殿堂は、今年ヒューイットをそのメンバーから除名。少なくとも1人のアメリカ人女性が、数年前に彼のコーチを受けていた時にレイプされたとも訴えていた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月10日(金)15時4分

tennis365.net