ここから本文です

「重版出来!」出演中の高月彩良のボーイッシュな魅力

dmenu映画 6/10(金) 22:00配信

現在放送中のTBS系連続ドラマ「重版出来!」の第4話から出演し、駆け出しの漫画家を演じている高月彩良。ショートカットのボーイッシュなかわいさだけでなく、女優としても高い演技力が評価され、ネット上で評判。今年ブレイクしそうな注目株です。

高月は高い身長で“クールビューティ”と表現されることの多いそのルックスから大人っぽく見られますが、1997年生まれの現在18歳。女優としてのデビューは11歳だった2008年で、そのボーイッシュな雰囲気からか2009年放送のフジテレビ系ドラマ「オトメン」では、岡田将生演じる主人公の少年期を演じました。

以降、「小公女セイラ」(TBS)や「最上の命医」(テレビ東京)、「GTO」(関西テレビ)といったドラマや、映画『ジョーカーゲーム』、『僕は友達が少ない』などの作品に出演。また、過去には女優と並行して桜庭ななみら女優5人で結成されたガールズユニット・bump.yのメンバーとしても活動し、同ユニットで歌手としてメジャーデビューも果たしています。

しかし高月が最初に大きな注目を集めたのは“声優”として。2014年7月に公開されたスタジオジブリのアニメ映画『思い出のマーニー』で女優の有村架純とともにWヒロインに抜擢されたことで話題となりました。当時16歳の高月は同作が長編アニメ初挑戦でしたが、内気で友だちもいない少女がやがて心を開いていくという難しい役どころを演じ切ると、さらに2015年にはホラー映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』で初主演。拉致されてきた高校生たちが何者かによって強制的に始めさせられたゲームで次々に処刑されていくという極限的な状況下で、生き残ることへの執念をみせる女子高生役の鬼気迫る演技を見せました。

10代とは思えないほど幅の広い演技を披露している高月ですが、その素顔はどうやらちょっと“天然”のようです。昨年5月に放送された日本テレビ系バラエティ「今夜くらべてみました」に出演した際には、共演者たちから散々イジられる姿が印象的でした。

同年1月に放送されたドラマ「五つ星ツーリスト~最高の旅、ご案内します!!~」で共演したお笑い芸人の渡辺直美から「(高月は)ドラマの撮影中に『直美さん、ちょっとビヨンセ踊ってもらっていいですか』っていきなり言ってきて……この子、ちょっとヤバイんだな、って思った」とエピソードを暴露されて苦笑いの高月。また、周囲からも「変」だと言われているという“笑い方”についても、渡辺がそれを見たときに「痛みに耐えているのかなって思った」と印象を明かし、目と口を大きく開いた形相で一切声をださずに笑うというその表情を真似て見せると、スタジオには驚きと爆笑が巻き起こっていました。

そんな話について、司会のフットボールアワー後藤輝基から「それ、自分では気がつかへんねや?」と訊かれると、「あ、ちょっとすみません、今言った意味がわからなくて……。初めて聞いた言葉で」とまさかの返答。渡辺から「この子はすごく純粋なんですよ。ずっとポカーンってしてる」とその天然ぶりをフォローされていました。

高い演技力を持つ本格的な女優に成長するであろう彼女の、ボーイッシュでクールビューティなルックスと天然というギャップも魅力。ますますの飛躍が期待されます!

(文/花@HEW)

最終更新:6/10(金) 22:00

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]