ここから本文です

[移籍]“マラガのラウール”がスペイン復帰! レアル・ソシエダがサウサンプトンから獲得を発表

theWORLD(ザ・ワールド) 6月10日(金)12時20分配信

5年という長期契約

9日、レアル・ソシエダがサウサンプトンからフアンミことフアン・ミゲル・ヒメネス・ロペスを5年契約で獲得したことを発表した。

スペイン代表の各世代でプレイしてきたフアンミは、昨年3月に21歳ながら負傷離脱したジエゴ・コスタの代役としてA代表に初招集されるなど、将来が期待される選手の一人であった。しかし、マラガからサウサンプトンへ移籍した2015-16シーズンは公式戦19試合に出場と、苦しいシーズンを送ることとなっていた。

そんなフアンミはソシエダの公式サイトで「僕たちには壮大なるプロジェクトが待っている。歴史あるクラブの一員になれたことを僕は誇りに思っているよ」と移籍の喜びを語った。

“マラガのラウール”と呼ばれていたフアンミは、来季どんなプレイを見せてくれるのだろうか。母国スペインで復活を目指す。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月10日(金)12時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。