ここから本文です

毎戦レースクイーンも戦う!?2016 スーパー耐久レースクイーン特集

オートックワン 6月10日(金)21時48分配信

今年も4月2~3日のもてぎ5時間レースから開幕したスーパー耐久シリーズ。

SUPER GTにも参加することが出来るGT3規格のマシンで競うST-Xクラスから、よく街で見かけるような1500cc未満のクルマで競うST-5クラスまで、排気量別に6クラスが一度に走るという、国内レースでは他にない大混走が大きな魅力となっているスーパー耐久シリーズ。

2016 スーパー耐久シリーズ レースクイーン画像蔵(写真66枚)

その混走ぶりはフィットやデミオなどの横を日産GT-R NISMO GT3やBMW Z4 GT3が、ストレートなどでは100km/h近い速度差で追い抜いていくというもの。

排気量の大きなクラスが小さなクラスをいかに抜き、小さなクラスは大きなクラスにいかにうまく抜かれるか、というところも勝敗の鍵になる。

また、耐久レースということで作戦の立て方ひとつでも勝敗は大きく変わる。

開幕戦のツインリンクもてぎは5時間という長丁場であったために燃費が勝負に大きく左右した。

ST-5クラスでは圧倒的燃費を誇るデミオディーゼル「DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D」が、ホンダフィットIIIにラップタイムで3秒ほども遅いにもかかわらず、給油回数が少ないというメリットを生かしてクラス2位で表彰台にあがった。

また5月14~15日に第2戦のスポーツランドSUGO戦では魔物が棲むというトリッキーなコースを快調に走った新型マツダロードスターが初優勝を飾り、このクラスではマツダ車の活躍が目立っているのも面白い。
HubAuto Ferrari 488 GT3などはSUPER GTよりも早くフェラーリ488 GT3を導入した。

決勝レースでは度々混戦模様となるが、オーバーオールで優勝を飾っているのは日産GT-R NISMO GT3で、もてぎ戦では表彰台を独占。その中でもスリーボンド日産自動車大学校GT-Rは開幕から2連勝という偉業を成し遂げている。

そんな戦いの場に華やかな空気を運んでくれるのがレースクイーン。

スーパー耐久シリーズでは昨年から、参戦チームのレースクイーンファン投票をST Girl 50として毎戦行っており、選ばれた50名は決勝レーススタートセレモニーのカウントダウンを行うこととなっている。

また、各レース上位3名は殿堂入りとなり、全6レースの殿堂入り18名によりシーズン終了後に決選投票で年間グランプリが決定する。

開幕のもてぎ戦のグランプリは西村いちかさん。つづく第二戦のSUGO戦のグランプリは小林未来さんとなっている。

そしてスーパー耐久シリーズのイメージガールであるフレッシュエンジェルズも注目だ。

フレッシュエンジェルズは日本レースクイーン大賞受賞者を中心に構成された清瀬まち、堀尾実咲、日野礼香、森園れんの4名のメンバーで、レースの進行、ステージイベントのMC、表彰式のサポートなどで活躍する。

またレースクイーンアイドルユニットとしてCDも発表し、スーパー耐久シリーズのステージでもライブパフォーマンスを披露しているのだ。

そんなレースもレースクイーンも楽しめるスーパー耐久シリーズ。開幕戦のもてぎと、第2戦SUGOをフォトギャラリーで紹介しよう。

最終更新:6月10日(金)21時48分

オートックワン