ここから本文です

タックスヘイブンでセナやシューマッハも住人だった!F1モナコGPは絢爛豪華のオンパレード!

オートックワン 6/10(金) 22:20配信

「F1を見に行くならどこがオススメ?」という質問に、“そりゃ、モナコでしょ!!”と大抵の人は言う。しかし、私はできればモナコには行かない方がいいと思う。行くたびに、自分の貧乏をこれでもかと認識させられるからだ。

2016 F1モナコGP(画像16枚)

モナコGPは毎年5月、地中海を代表する避暑地、というより、避暑住居地としてお馴染みのモンテカルロ湾を囲む市街地コースでレースが行なわれる。税金がないタックスヘイブンとしても知られ、多くのF1ドライバーが住んでいる。かつて、鈴木亜久里、片山右京、佐藤琢磨がここの住人だった。ミハエル・シューマッハやアイルトン・セナもマンションを持っていた 。セナがトンネル手前でリタイアして、そのまま家に帰ってしまったという逸話もある。

通常のレースは金曜日から始まるが、モナコは、木・土・日の3日間になる。金曜日を休む理由は、「コースが生活道路を閉鎖して行っているので、連続で道路を閉鎖すると弊害が出る」と言われている。しかし、観光立国の財政を潤すために1日でも長く、グランプリの見物客や関係者を滞在させたいというのが本音だ。

ともあれ、木曜日に甲高いエンジン音が響きわたると様相は一転する。世界中から集まったと思われる豪華クルーザーが結集したモナコ湾に響き渡る悲鳴にも似たエキゾーストノートを聞けば、レースや自動車に興味がない人でも背筋にゾゾッと電流が走る。

豪華なクルーザーや、週末だけで数百万円というホテル。そのホテルの車寄せに横付けされたスーパースポーツの群れ。そして、その助手席からスラリと長い足を覗かせてカジノに繰り出すスーパーモデル級の美女など、およそ世の中の絢爛豪華のオンパレードだ。そうした舞台装置の後押しで、官能的なエキゾーストノートが一層胸をキュンと締め付け、鳥肌を増殖させる。

ちなみに、モナコGPのスタート地点から50m程のところにフェラーリとホンダを扱う自動車デーラーがあるが、そこではフェラーリがホンダ・シビックより売れているという事実が、違和感なく納得できるムードがモナコには溢れている。

モナコの週末、モナコ湾を見下ろすレストランで、店の下のモナコ湾沿いを通過するフェラーリの数を数えたことがあった。10分もしないうちに50台を越え、ばかばかしくなって数えるのをやめたのを覚えている。

1/2ページ

最終更新:6/10(金) 22:20

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。