ここから本文です

フェデラーが4強、若手ティエムとの準決勝へ<男子テニス>

tennis365.net 6月10日(金)22時53分配信

メルセデス・カップ

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は10日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が予選を勝ち抜いたF・マイヤー(ドイツ)を7-6 (7-2), 7-6 (7-1)のストレートで下し、ベスト4進出を決めた。

この試合、ファーストサービスが入った時に87パーセントの高い確率でポイントを獲得したフェデラーは15本のエースを決め、1時間25分で勝利した。

準決勝では第3シードのD・ティエム(オーストリア)と対戦する。ティエムは準々決勝でM・ユーズニー(ロシア)を逆転で下しての勝ち上がり。

フェデラーとティエムは今回が3度目の対戦で、過去は1勝1敗。直近のBNLイタリア国際ではフェデラーがストレートで敗れている。

前週まで行われた全仏オープンで、ティエムはグランドスラム初のベスト4進出。さらに大会後に発表された世界ランキングでは初のトップ10入りを果たした。

tennis365.net

最終更新:6月10日(金)22時53分

tennis365.net