ここから本文です

逃走中の芳賀組幹部 組長監禁・傷害事件実行犯か/富山

チューリップテレビ 6/10(金) 20:24配信

 富山市の山口組系の組長らが別の暴力団組長を監禁・暴行したとして逮捕された事件で、富山地検は、10日幹部の1人を処分保留で釈放しました。

 これで逮捕された5人全員が釈放され、任意での捜査となります。

 県警は、この事件に関与した幹部1人の逮捕状を取り行方を追っていますが、この幹部が、監禁と暴行の実行犯とみられます。

 捜査関係者によりますと、監禁と傷害の疑いで逮捕状が出ていているのは、富山市太田口通りにある山口組系芳賀組の幹部で40代の男です。
 男は、今年3月15日、芳賀組の組長らと共謀し、神戸山口組に加わろうとした富山市内の暴力団組長を車で連れまわして暴行を加え、首や背中にけがをさせた疑いが持たれています。

 男は、監禁と暴行を行った実行犯の1人とみられ、現在も逃走中です。また、犯行現場には芳賀組の組長がいなかったこともわかりました。この事件では芳賀組の組長ら幹部5人が逮捕され、10日までに全員が処分保留で釈放されています。

 県警は任意で組長らの捜査を続けるとともに逃げた男の行方を追っています。

チューリップテレビ

最終更新:6/10(金) 20:24

チューリップテレビ