ここから本文です

4勝目のロッテ二木、好投も反省怠らず

Full-Count 6月10日(金)13時35分配信

序盤援護に「野手に勝たせてもらった。今度は自分の投球で」

 ロッテ二木康太投手が9日に本拠地での阪神戦に先発し、地元ファンの前で今季4勝目を挙げた。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 初回に2点、2回に2点と序盤で打線の援護を受けてのマウンド。この3連戦は、チーム一体となってゴメス封じの対策を立てた。その成果もあり、1、2戦は内角の直球で厳しく攻めた後、外のフォークで空振りを奪う形で、ほぼ完ぺきに抑えている。この日、二木もベンチの指示通りに配球したが、4回無死一塁の場面では、フォークを再三カットされた後、最後はインコースを厳しく攻めきれずに投じた外角の高めストレートを、右翼線へタイムリー二塁打とされて失点。反省が残った。

 6回を投げて5安打2失点、105球という内容に「真っすぐが思ったところに投げられてない。3勝目、4勝目は野手のおかげで勝たせてもらった。今度は自分のピッチングで勝ちたい」と打線に感謝、次戦に向けて奮起した。

 4月12日楽天戦に完投してプロ初勝利を飾ったが、その後は負けが先行。この日の勝利で4勝5敗とした右腕は、次回の登板ですっきりした5勝目を狙っている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月10日(金)13時35分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]