ここから本文です

最高のベンゼマを披露 15-16シーズン、36試合で28得点はキャリア史上最高の決定力

theWORLD(ザ・ワールド) 6月10日(金)14時0分配信

1試合平均0,77得点とマーク

2015-16シーズン、レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマは得点力に磨きをかけ、リーグ戦では自己最多となる24得点を記録した。それだけでなくUEFAチャンピオンズリーグも含めて36試合で28得点をマークし、キャリア史上最高の決定力を発揮した。クラブの公式サイトが伝えている。

36試合で28得点ということは1試合平均で0,77得点。ベンゼマのこれまでの最高記録は2011-12シーズンに記録した0,61得点だったが、その記録を更新している。レアル・マドリードはリーグ戦の終盤で12連勝を記録し、2位でフィニッシュ。UEFAチャンピオンズリーグでは11度目の優勝を果たした。好成績を残したチームにハイレベルなパフォーマンスを見せたベンゼマも大きく貢献している。

ベンゼマは元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナの事件に関与した疑いが持たれていることからEURO2016に向けたフランス代表に選出されておらず、残念なことに注目される大会でその姿を見ることができない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月10日(金)14時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報