ここから本文です

G大阪新スタジアム、クラブW杯の初開催が決定 4試合が開催予定

theWORLD(ザ・ワールド) 6月10日(金)15時0分配信

12月8日に開幕

今シーズンから新たにガンバ大阪の本拠地となっている市立吹田サッカースタジアムが、今年の12月に開催される「Alibaba E-Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016」の会場となることが決定した。FIFAの公式サイトが伝えている。

日本サッカー協会の公式サイトによると、横浜国際総合競技場と市立吹田サッカースタジアムの2会場が大会の会場となり、初開催となる市立吹田サッカースタジアムでは4試合が行われる予定となっている。試合の対戦カードは後日発表される。

今回が13回目となるFIFAクラブワールドカップは、すでに3チームが出場を決めている。6年連続8度目の出場となるオセアニアサッカー連盟(OFC)代表のオークランド・シティFC(ニュージーランド)、2大会連続の出場となる北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)代表のクラブ・アメリカ(メキシコ)ら常連に加え、欧州サッカー連盟(UEFA)代表のレアル・マドリードが参戦する。

各大陸連盟の代表クラブが決定するスケジュールは以下のとおり。

南米サッカー連盟代表(CONMEBOLリベルタドーレスカップ): 7月27日
アフリカサッカー連盟代表(CAFチャンピオンズリーグ): 10月21日
アジアサッカー連盟代表(AFCチャンピオンズリーグ) :11月26日
開催国代表(Jリーグディビジョン1):12月3日

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月10日(金)15時0分

theWORLD(ザ・ワールド)