ここから本文です

ソフトバンク内川が3回に先制打 巨人・菅野から1点を奪う

Full-Count 6月10日(金)19時6分配信

防御率0点台エースから貴重な先制点を演出

 ソフトバンクの内川聖一外野手が10日の巨人戦(東京ドーム)で先制タイムリーを放った。

 3回2死一、二塁。1ボール1ストライクから、菅野の内角シュートにつまりながらも右翼方向へ打ち上げた。右翼・長野が懸命に飛び込んだが届かず。2死でスタートを切っていた二塁走者・今宮が生還する適時打となった。

 前夜のDeNA戦(ヤフオクドーム)は中犠飛を打ったものの、無安打に終わっていた安打製造機。防御率0点台の右腕から価値あるタイムリーとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月10日(金)19時8分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。