ここから本文です

日ハム中田が流れ呼び戻す同点打 「点が入らないと嫌な流れだったので」

Full-Count 6月10日(金)20時6分配信

直前に西川の本塁生還がビデオ判定で覆りアウトに

 日本ハムの中田翔内野手が10日の阪神戦(札幌ドーム)で同点タイムリーを放った。

 1点を追う6回2死一、三塁。岩貞の初球、高めに浮いたチェンジアップを逃さなかった。三遊間を破る左前適時打で同点に追いついた。

 直前の6回1死三塁で三本間で挟まれた三塁走者・西川が本塁へヘッドスライディング。最初はセーフの判定だったが、本塁でのビデオ検証で判定がアウトに覆っていた。

 中田は「点が入らないと嫌な流れだったので、きっちりと決め切れたのは良かったね。でもまだ同点。これからだね」とコメント。不動の4番が4試合ぶりの打点で流れを再び呼び戻した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月10日(金)20時19分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報