ここから本文です

阪神金本監督の猛抗議実る ビデオ判定で覆り、日ハム西川の生還認められず

Full-Count 6月10日(金)20時11分配信

本塁クロスプレー、セーフ判定がアウトになり1点のリード守る

 阪神の金本知憲監督が10日の日本ハム戦(札幌ドーム)で猛抗議を実らせた。

 1点リードの6回1死三塁の守り。杉谷のセーフティースクイズで三塁走者・西川を三本間で挟んだ場面だった。ランダウンプレーで本塁へ頭から突っ込んできた西川に対し、岩貞は飛び込むようにしてタッチ。タッチしていないとして、当初審判はセーフ判定を下したが、金本監督は本塁でのビデオ検証を要求した。

 数分後、ビデオ検証の結果、判定が覆ってアウトに。今度は栗山監督が猛抗議したが、アウト判定は変わらず。阪神は金本監督の猛抗議で1点のリードを守った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月10日(金)20時11分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。