ここから本文です

「スウェーデンは王のものじゃない。オレのもの」 イブラヒモビッチが国をも自分のものに

theWORLD(ザ・ワールド) 6/10(金) 19:30配信

国民全員がイブラヒモビッチに注目

EURO2016でイタリア、ベルギー、アイルランドと同じ難しいグループに入っているスウェーデンは、全ての期待がズラタン・イブラヒモビッチにかかっている。優勝候補の一角にも挙がるベルギーが入っている難しいグループを突破するには、イブラヒモビッチの力が必要不可欠だ。

そんな大きな期待を背負うイブラヒモビッチは、もはやスウェーデンの国そのものが自分のものになったように感じている。スペイン『MARCA』によると、イブラヒモビッチも難しいグループだということは認めたが、何でも起こるとコメント。スウェーデンが自分の国になっていると大胆な主張をした。

「スウェーデンはグループを突破する候補ではないかもしれない。だがプレイオフでデンマークと戦った時もそうだったが、何が起こった?何も予想すべきではないし、何でも起こる。オレは自分の愛する人々に幸せと愛と情熱を送るよ。なぜなら今この国はオレのものになっているからな。王のものじゃない。オレの国だ」

スウェーデン代表の王として君臨するイブラヒモビッチは、チームを決勝トーナメントへと導けるのか。国民全員がイブラヒモビッチに期待している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/10(金) 19:30

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]