ここから本文です

阪神高山が8回に逆転タイムリー 3安打3打点の大暴れ、猛打賞は今季5度目

Full-Count 6月10日(金)21時2分配信

5月21日の広島戦以来の猛打賞

 阪神の高山俊外野手が10日の日本ハム戦(札幌ドーム)で逆転タイムリーを放った。

 1点を追う8回無死二、三塁。フルカウントから、マーティンの146キロ直球を捉えた。走者一掃の2点二塁打で逆転した。

 この日は「6番・左翼」でスタメン出場し、2回1死一塁で先制の左中間適時二塁打。4回2死の中前安打と合わせ、5月21日の広島戦(甲子園)以来5度目の猛打賞。金本監督期待の新人が3安打3打点と大暴れした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月10日(金)21時2分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報