ここから本文です

ソフトバンクが巨人との接戦を制して4連勝 交流戦首位キープ

Full-Count 6/10(金) 21:17配信

8回まで粘投のG菅野から鶴岡が勝ち越し犠打

 ソフトバンクが10日、本拠地での巨人戦での接戦を2-1で制し、交流戦首位をがっちりキープした。

 巨人・菅野、ソフトバンク・東浜の投げ合いになった、この一戦。先制したのはソフトバンクだった。3回2死一、二塁から打席に立った内川が、菅野の内角シュートを詰まりながらもライトへ運んだ。打球は飛び込んだ右翼・長野のわずか手前にポトリ。この間に二塁走者・今宮が先制のホームを踏んだ。

 ここからも両投手は一歩も譲らず。スコアボードに「0」が並んだが、7回に巨人が動いた。先頭・坂本が左翼への安打で出塁すると、続く長野がショートへの内野安打で無死一、二塁。ここでソフトバンクは東浜に代えてスアレスを投入。打席に立った阿部は、1ボールからの2球目を強振し、右翼へ同点適時打を運んだ。

 阿部の3試合連続タイムリーに後押しされた菅野は8回まで粘ったが、ソフトバンクが奮起。1死から四球、中前安打、四球で満塁とすると、鶴岡がライトに犠牲フライを放ち、勝ち越した。

 最後は守護神サファテが3者凡退に締め、2-1で勝利。連勝を「4」に延ばした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/10(金) 21:17

Full-Count