ここから本文です

レヴァンドフスキへの関心は終わりか ジダンがポグバを加えた3センターを検討中

theWORLD(ザ・ワールド) 6月10日(金)21時20分配信

レアルがポグバ獲りに動く

レアル・マドリードは以前からバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキに興味を抱いており、一時はレアルと合意に達したとさえ言われていた。しかし、今ではレアルの興味はレヴァンドフスキからユヴェントスMFポール・ポグバに移っている。

スペイン『as』はもうレアルがレヴァンドフスキに執着していないと伝えており、ポグバ獲得に1億2000万ユーロもの資金を用意しているとも言われている。また、指揮官ジネディーヌ・ジダンもポグバのポジションを空ける案を検討している。

現在レアルの中盤はトニ・クロース、ルカ・モドリッチ、カゼミーロの3人で回しているが、ジダンはカゼミーロに代えてポグバを加えた3センターで戦う案を検討している。カゼミーロは今季ジダンの下で重要な役割を果たしていたが、ポグバが加わればポジションを譲るしかないのかもしれない。

あるいは、プレミアリーグからの関心も噂されるクロースが退団した場合はポグバがその穴に入ることになる。同メディアは現戦力が抜けるのを待つ手もあると伝えているが、ポグバの動きは複数のクラブに影響を与えることになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月10日(金)21時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。