ここから本文です

「バルサの人間としてレアルには勝ってほしくなかった」 ピケがEURO前にUCL決勝語る

theWORLD(ザ・ワールド) 6月10日(金)21時50分配信

いつも通りのコメントを残したピケ

今季チャンピオンズリーグ準々決勝でアトレティコ・マドリードに敗れたバルセロナDFジェラール・ピケは、決勝戦をテレビで観戦するしかなかった。バルサへの愛を常に口にしているピケは、やはり今回の決勝でもレアル・マドリードに負けてほしいと考えながら見ていたようだ。

スペイン『MARCA』によると、ピケはレアルの優勝を祝うと語ったものの、レアルには勝ってほしくなかったといつも通りのコメントを残した。また、今回の決勝を元レアルのGKイケル・カシージャスを含むスペイン代表のチームメイト数人で観戦していたことも明かし、カシージャスの試合分析が甘いと冗談交じりに語った。

「バルセロナの人間として、レアルには勝ってほしくなかったね。レアルが勝ったことよりアトレティコが負けたことに傷ついたよ。このような形で2回とも優勝を逃したことを気の毒に思う。僕はレアルが優勝したことを祝うけどね」

「決勝はイケルと見ていたんだけど、面白かったのは彼が不運を招くことさ。前半に彼は僕に言ったんだ。ペペは本当に信頼できる選手だとね。すると後半1分にペペは相手にPKを与えたんだ」

ピケはEURO2016に臨むスペイン代表メンバーに選ばれているが、レアルの選手とも関係は悪くないと主張しており、クラブと代表ではまた別の感情を持っている。クラブシーンでは相変わらずスペイン勢が欧州を支配しているが、代表チームもその波に乗りたいところだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月10日(金)21時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。